スポーツだけじゃない薄手のウィンドブレーカーの活用例

ウィンドブレーカーとは、風による寒さから身を防ぐ防寒用の服のことを言います。
薄手のものから裏地のついた厚手のものまであり、季節や用途によって使用者自身が選べるのが特徴です。
薄手のウィンドブレーカーの主な特徴は、軽いので運動をしながらでも使えることです。
一部がメッシュのような通気性の良い生地が使われているものや雨対策のために表面に撥水加工をしているものなどもあります。
雨天時に服の上に重ねて着ることができます。
また、これらは多くのスポーツ愛好家に好まれて使用されていますが、天候が変化しやすい場所に行く登山者らにも活用されています。
薄手なので小さく畳むことができて、場所も取らないので、多くの荷物が持てないような時には非常に役に立ちます。
近年では、登山ブームにより衣類やアクセサリーにも注目が集まり、オシャレなデザインのウィンドブレーカーも多数でてきています。
それにより、若者への人気が高まってきています。

薄手のウィンドブレーカーの意義

ウィンドブレーカーと聞くとなにか機械を連想する人もいるかもしれません。
しかしそれは大きな間違いであります。
ウインドブレーカーとは薄手のジャケットのようなもので多くはビニル製の薄手のスポーツ用ウェアとして使用されております。
かなり動きやすく軽い上に耐熱性も良い為に部活動や社会人スポーツチーム、大学のサークルなどでは会場までの移動用の正装として背中にそれぞれのチーム名やロゴが書いてある場合が多いです。
ウインドブレーカーを着ることによってパフォーマンスはとてつもなく高まりますが、同時に失う物もあります。
それは肌の露出です。
少なくとも長そで長ズホンのスタイルとなりますので夏などにはあまり向かず肌を露出させたい方は袖をまくりあげたりして使うととてもおしゃれです。
その名の通りカゼをブレークする、と言う意味では寒さ対策に使われます。
最近はいろいろな種類、色、デザインの個性的なウインドブレーカーが増え薄手で丈夫なファッションとしても活用されております。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2018/3/22